夢を見ている男性が好きで付き合っていますが、
しかしイメージするところと現実はあまりにも違っていて、将来を共に歩んでいくには不安を感じてしまいます。

そもそも自分は専業主婦になって養ってもらう気はなく、結婚してもそのまま働き続けるつもりで、
理解のあるパートナーを求めていたのですが、それでも最低限のボーダーラインはあると思いはじめました。

彼氏は将来的にはリゾート地でペンションを開きたいと、定職につかないで短期のバイトを繰り返し、
夏や冬のシーズン中は将来のためといってリゾートバイトに向かいます。

確かに参考にはなるかもしれませんが、それならリゾート地で定職に就けばよく、
バイトなので健康保険もなく、怪我や病気の時には常にお金がなく大変な思いをしています。

最初は夢見る姿が素敵だと思いましたが、何時まで経っても将来がみえない、
むしろ不安ばかりが大きくなって付き合いを改めるべきかなと思うようになりました。

自分一人だけで生きていくなら好きなことをしてもいいでしょうが、
結婚する、子供がほしいといった場合は最低限の生活基盤が必要となります。

恋人と伴侶は別、ドライかもしれませんが今の彼氏を付き合うようになってから、考えるようになりました。

baito.jpg

借金生活から抜け出したいと考えている時、仕事をしてお金を稼ぐとともに出費も節約したいものです。

そんな人にぴったりなのがリゾートバイトです。

リゾート地では、普段は人が少なくてもお正月やゴールデンウィーク、お盆や夏休みなど繁忙期になれば
猫の手も借りたいほどの忙しさになってしまいます。

地元の人だけでは人数が足りないために全国から来てもらえるように募集されているのがリゾートバイトであり、
夏であれば海の家がオープンしている間であったり、冬であればスキー場がオープンしている間など
半年程度の募集も多いものです。

リゾートバイトは、全国どのエリアからも参加することができます。

自宅から現地までの往復の交通費を負担してもらうことができ、
現地で働いている間には寮に住むことができます。

水道光熱費の負担や食事はまかないが用意されたりと無料で提供されるサービスも多く、
出費が少ないことからもらったお給料のほとんどを使わずに済ませることができるので
貯金ができたという人もたくさんいます。

リゾートバイトは、全国の観光地でたくさんの募集がありますが、
中にはブラック企業と呼ばれるようなところもある可能性があります。

実際に働いたことのある人の体験談を参考にしながら場所を決めてみるといいでしょう。

僕も少額ですが借金がありましたが、リゾートバイトをすることによって貯蓄ができ完済できました。
ちなみに僕が利用したのはココ→http://xn--lck0c6eya6bc1197gok2a.net/

借金やお金がたまらないと悩んでいる人、リゾバおすすめですよ!

私は大学生時代に金欠で生活に困り、
もうキャッシングしか無いと思っていた時期がありました。

中でもキャッシングの郵送物が無いところばかり調べていました。

そんな時、叔父からリゾートバイトの話が来たのです。

今回は少しだけその話をさせていただきます。

学生時代の、スキー場でのリゾートバイトの体験談です。

2週間でいいからリゾートバイトしないか?と叔父から誘いを受け
報酬も条件が良いため話にのることにしました。

スキー場へは毎朝7時30分に叔父の車で連れて行ってもらいます。

叔父はリゾートバイトに毎年参加していて、経験が豊富です。

距離は車で片道40分ほど。山道をのぼるため結構揺れます。

バイトの内容は、リフト係、インストラクター、スキー板などのレンタル受付、リフト販売など。

午前8時30分から午後16時までが就業時間です。
休憩は交代で45分ほど。食事つきです。

受付をしたり、インストラクターとして人に教えたりするのに初めてで
慣れてなかったせいか最初は何度もミスをしました。

慣れるまでが大変でしたが、
16時以降にリフト無料券をもらえてスノボし放題が魅力的なので頑張りました。

朝早くから16時まで頑張り、1時間だけスノボをやってから家に帰る日が続きました。

時間がすぎるは早いもので、気が付けば2週間がたっていました。

スキー場のオーナーから給与を渡されてリゾートバイトは終わりました。

感無量とでもいいますか、最終日はスノボし放題なのにスノボをやる気がおきなかったです。

オーナーや誘ってくれた叔父にはいい体験をさせてもらい感謝しています。

baito2.gif

大学夏季休業の期間、軽井沢の某有名カフェでリゾートバイトをしました。

変わった夏の体験を、その後の就職活動に生かすべく応募しました。

それ以外のメンバーは、冬はスキー場でバイトするなど、定職に就かず人生を謳歌するフリーターでした。

集まったメンバーは私を含め5名。
お洒落カフェとして有名だったので、美男美女揃いとなりました。

寝泊りは、カフェの運営母体である某ホテルの従業員寄宿舎の一室が割り当てられます。

日常から離れた異空間では、妙な連帯感が生まれます。

就業時間以外も、何かと行動を共にしたので、
友達以上の関係が芽生えて行くのを誰しもが実感していたと思います。

出会いを求めて参加したわけではありませんが、
限られた空間での限られた人数という環境も手伝い、
お互いの感情の高まりも早く、恋愛へと発展していくのに時間はかかりませんでした。

約1か月の就業期間を終え、そこで彼となった人とは、
自宅のエリアもそれなりに近く、戻ってからすぐに会いました。

そこで感じた違和感、今でも忘れません。

軽井沢という地で、あんなにもキラキラかっこよく見えていた彼が、こと都会の真ん中で見ると、まるで別人のよう。

あれ?こんなだったっけ?と、感じる雰囲気の違いに戸惑いました。

冷静になると、いい歳をして定職に就かないなど、彼氏としてふさわしくない、と悟ったわけです。

リゾートバイトのマジックに完全に支配された、苦いエピソードとなりました。

リゾート地では、お正月やお盆、ゴールデンウィークなどの大型連休になるとたくさんの人が訪れますが、
普段の平日になればほとんど人がいないような状態にもなってしまいます。

また、スキー場になれば雪が積もってゲレンデがオープンしている間には多くの人が訪れますが、
ゲレンデが閉まっている時期に来るお客さんはいないものです。

普段と繁忙期の差が激しいものであり、繁忙期にはスタッフが足りないということにもなりがちです。

リゾートバイトは、繁忙期に合わせて期間限定で募集が行われるものであり、
地元の人が自宅から通うだけでなく遠方から泊りがけで働きに来る人も多いものです。

全国から来るスタッフのために寮が完備されており、
場所によっては寮費や水道光熱費、食事などの補助が出るので、
短期間でお金を貯めたいと考えている若者に人気があります。

そう、若者にですね。
やはりフットワークが軽く、自由な時間が確保できる若者がメインになっています。

普段正社員で働いている人が、リゾートバイトできるわけがありませんし、
主婦がお小遣い稼ぎのために自宅を留守にしてできるものでもありません。

主婦はお小遣いが必要になれば、
即日カードローンを主婦の人が調べたサイトなどを参考にする人が多いようです。

リゾートバイトの仕事内容として多いものでは、
お客さんをもてなすリゾートホテルやペンションなどの宿泊施設での食事の提供や部屋の掃除などがあります。

初心者でもできるような仕事が多いのですが、
普段行っているアルバイトや過去のバイト経験によっては配属が変わることもあります。

リゾートバイトは、お金を貯めることができるというメリットの他にも、
さまざまな経験を積むことができたり全国から来ているさまざまな人との出会いも楽しみの一つです。